Top > 注目 > 住民税にも関わる

住民税にも関わる

不動産物件の査定を受ける場合、前もって登記簿謄本を入手しておきましょう。

 

たとえ日付が古くても、記載された内容に変わりがなければ使えるケースもありますが、査定結果が異なってしまうかもしれませんので、新しい物のほうが安心です。

 

その他にも、固定資産税評価証明書や権利書の関係も忘れずに用意しましょう。

 

まだローンを完済していない場合、ローン残高証明書はもちろん、土地測量図や建築設計図などを揃える必要があります。

 

ちょっとでも早く不動産物件の売買を終わらせたい場合に、ベストな手段は、買い手を探すのではなく、業者に買取をお願いすることになります。

 

大幅に時間と面倒を省けることもあり、全く時間をかけずに不動産売買が完了するでしょう。

 

ただし、売値が一般の買い手を探す場合よりも安くなってしまうという重大な欠点もありますので、現金化するスピード重視で価格は二の次だと考える方にしか向かない方法かもしれません。

 

住居を売る際にかかる経費ですが、仲介業者への手数料や司法書士に払う抵当権抹消費用、あとは印紙代がかかりますが、これは数万円以内で収まるでしょう。

 

日常とは比べ物にならないくらい高額なのが不動産取引ですから、業者へ払う仲介手数料もまとまった金額になります。

 

それなら自分で売れば、仲介手数料の分、儲けが減らずに済むのですが、神経と労力を費やしてもなおリスクが残るわけですから、信頼できるプロに依頼する方が良いでしょう。

 

不動産売却の際の名義変更においては、不動産物件の売手は、登記済権利証と発行したのが3か月以内の印鑑証明書が必要です。

 

決済と同日に名義変更も法務局まで出向いて行います。

 

この時は、印鑑証明(なくした場合には登記済権利証の対策費も)の取得費、それにプラスして、登録免許税がかかりますし、登記事項証明書代もかかるのです。

 

固定資産税の1000分の4と定められているので、登録免許税の金額は予め計算しておけるはずです。

 

家を売ったら所得税を払わなければいけないのでしょうか。

 

簡単にいうと「課税される」が正解です。

 

しかし非課税になる場合も多いです。

 

買った金額より高値で家を売却できた場合は所得税が課税され、逆に足が出た場合は所得税は不要です。

 

もし高く売れてかなりの売却益を得たとしても、個人の所有で譲渡所得が3000万以内なら、確定申告(分離課税分)をすれば、原則として所得税は支払わなくて済むのです。

 

住民税にも関わるので覚えておいてください。

ライザップ リバウンド

注目

関連エントリー
住民税にも関わるクロに近いグレーといっても良い政治の流れホワイトニングで気になった事内臓脂肪ダイエットには断食だ~!今日は鳥貴族のオープン日mineo dプランuqmobile mnp楽天モバイル mnp 即日mineo iPhone誹謗中傷を根本的に解決するなら弁護士に依頼